2010年06月01日

レジカウンターとボックステーブル二つとカフェテーブルをもらってくださる方を急募!

●レジカウンター
レジカウンターの外側 レジカウンターの内側 レジカウンターの引き出し

雑貨店で使用していたレジカウンターです。

6月5日までに引取りに来てくださる方、もしくは足立区まで梱包や配送の手配に来てくださる方で、もらってくださる方を急募しています。

サイズは幅1600mm、奥行き500mm、高さ800mmです。
4年前に16万5000円で買いました。
テープの跡など、多少の汚れはありますが、目立った傷はありません。
中央にレジを置くスペースがあり、コンセントが二つあります。
左右には引き出しが一つずつあり、左の引き出しには鍵が付いています。
棚板は2枚あり、高さは調整可能です。
足の高さを微調整できるアジャスターも付いています。

2Fから階段で運び出す必要があり、重いので、大人3人か4人は必要だと思います。こちらで1人はお手伝いできます。

●ボックステーブルボックステーブルの正面 ボックステーブルの中 ボックステーブルを開くときに指を入れるところ ボックステーブル中のマグネット ボックステーブルの側面 ボックステーブルの裏面

雑貨カフェでディスプレイ用の什器とベンチに使用していた木製のボックステーブルです。

6月5日までに引取りに来てくださる方、もしくは足立区まで梱包や配送の手配に来てくださる方で、もらってくださる方を急募しています。

サイズは大体、長さ2320mm、奥行き410mm、高さ400mmぐらいです。
4年前に一つ8万円ぐらい(たぶん)で買いました。
経年相当の汚れや傷がありますが、使用に差し支えありません。
また、塗装をしていないので、ヤスリをかければ新品のようにキレイになります。
キャスターが付いています。
中に収納スペースがあります。
頑丈にできているので、普通の人なら4人座っても大丈夫です。

2Fから階段で運び出す必要があり、重いので、大人2人は必要です。こちらで1人はお手伝いできます。

●カフェテーブル
カフェテーブル カフェテーブルの下 カフェテーブルの天板の傷1 カフェテーブルの天板の傷2 カフェテーブルの天板の傷3

雑貨カフェで使用していたテーブルです。

6月5日までに引取りに来てくださる方、もしくは足立区まで梱包や配送の手配に来てくださる方で、もらってくださる方を急募しています。

サイズは大体、長さ1250mm、幅750mm、高さ800mmぐらいです。
1年前に中古で買いました。
写真のように、天板に3つほど傷がありますが、使用に差し支えありません。
足の下にガタツキを微調整できるアジャスターが付いています。

2Fから階段で運び出す必要があります。こちらで1人はお手伝いできます。


※すべて決まりました。ありがとうございました。


お問い合わせやご相談などはお気軽に下記までお願いします。
E-mail:shop@momonico.net
twitter ID:@momonico
2010年05月10日

相互バリアフリーの同時通訳手話芝居「Hand・Made・Home」

知り合いが、相互バリアフリーの同時通訳手話芝居を開催するそうです。
とてもいい試みだと思うので広報をお手伝いをすることになり、リリースを書きました。
興味がある方がいたらぜひご覧ください。


続きを読む
2010年02月21日

「エネルギー基本計画見直しに関するご意見の受付について」への意見

経済産業省資源エネルギー庁は2月9日から、「エネルギー基本計画」という日本のエネルギー政策に関する基本計画を見直すための検討を行うに当たり、国民からの意見を募集しています。

エネルギー基本計画見直しに関するご意見の受付について

下記は意見募集の対象となる「「エネルギー基本計画」見直しに当たっての論点」の一部と、それに対する意見のメモです。
興味がある方はご覧いただき、参考にしていただけるとうれしいです。続きを読む
2008年09月17日

映画「女工哀歌(エレジー)」

女工哀歌(エレジー)

中国のジーンズ工場やそこで働く少女たちに密着したドキュメンタリー映画「女工哀歌(エレジー)」を見ました。
内容を一言で書くと、「中国製の商品が安い理由」をありのままに映し出したような映画です。
そんなふうに書くと、硬くて重苦しい内容を思い浮かべる方もいると思いますが、内容は工場の問題よりもむしろ少女たちの日常にフォーカスしていて、「私たちが毎日つくるジーンズ、誰がはいているんだろう?」というコピーにそれが言い表されている気がします。
普段はいているジーンズについて、「誰がどのように作っているのか」といったことを知らされてこなかった僕ら消費者にとっては、それの一端を知ることができるとてもいい機会だと思います。
CSRに興味がある方にはもちろん、安い商品が好きなすべての消費者にぜひ見てもらいたい映画です。
詳しくは以下をご覧ください。

***

公開日:9月27日(土)
劇場:シアター・イメージフォーラム他
監督・撮影・製作:ミカ・X・ペレド
配給宣伝:エスパースサロウ
内容:
私たちにとって「ジーンズ」はもっとも身近な服。本作はその生産過程を追って、世界の衣料品の大半を生産している中国の工場に密着したドキュメンタリー。
圧倒的なコスト削減と技術力の向上により、今や“世界の工場”となった中国。その裏側を探るため工場で働く10代の少女たちの日常生活に迫ります。

度々問題視されてきた少女たちの過酷な労働条件、またそれを知りつつ低コストで仕事を受注する工場長、視察に訪れる多国籍企業の面々…。国や時代は変わっても同じ構造をたどって発展する資本主義経済。
しかし、本作は急速なグローバル化への疑問と同時に、過酷な生活の中にも夢や希望を見出す個性ある少女たちをも見事に捉えています。

また『セサミ・ストリート』をはじめ、優れたドキュメンタリーを放送することで知られる米国のPBS(非営利公共放送局)でも07年度の観客賞を受賞しています。

***

女工哀歌(エレジー)公式サイト
予告編

なお、公開翌日の28日(日)にトークショーが開催されるそうです。
パネリストとしてお話されるサステナビリティ・プランナーのあだなお。さんのブログに詳細が載っているので興味のある方はぜひご覧ください。
2008年06月14日

「実は身近な世界の水問題」がわかるサイトを環境省が公開

近年、温暖化や人口増加などにより、水不足などの水にまつわる環境問題はますます深刻な状況となってきています。一方、日本は食料の約60%を海外からの輸入に頼っており、その食料を生産するために必要な水は、日本の2005年の水道使用量の約8倍にあたる年間800億m3にもなります。

このようななか、海外の水問題が日本の生活に密着していることなどを広く普及啓発するため、環境省は5月30日、バーチャルウォーターの考え方を利用したウェブサイトを公開しました。

バーチャルウォーターとは、食料を輸入している国(消費国)において、もしその輸入食料を生産するとしたら、どの程度の水が必要かを推定したものです。

このサイトでは、日本と世界の水の関わりや水問題を解説した「WEB漫画」、レストランの食べ物を作るのにペットボトル何本分の水が使われているかがわかる「MOEカフェ」、また日常の食事がどのくらいの水を使って作られているか計算できる「仮想水計算機」など、わかりやすくて面白いコンテンツがそろっています。

その一つ、MOEカフェのデータによると、ハンバーガー一個のバーチャルウォーター量は500mLのペットボトル2000本にあたる999L、牛丼一杯は同3780本にあたる1889Lにもなるとのこと!他にも生姜焼定食やハンバーグ定食といったセット、コーヒーや日本茶やビールなどのドリンクもあるので、興味がある方はぜひご覧ください。

水に恵まれた日本ではなかなか感じることができない水の大切さについて、この機会に触れてみてはいかがでしょうか。
http://www.env.go.jp/water/virtual_water/index.html

また、水の問題についてわかる他のサイトも紹介しておきますので興味がある方はぜひこちらもご覧ください。

国立環境研究所 地球環境研究センター ココが知りたい温暖化 世界の水不足、原因は温暖化?
http://www-cger.nies.go.jp/qa/16/16-1/qa_16-1-j.html

国土交通省 世界の水問題と日本
http://www.mlit.go.jp/tochimizushigen/mizsei/j_international/international01.html

2008年05月22日

1枚に2ページ印刷しよう

印刷に裏紙を再利用している方は多いと思います。
これをもう一歩進めて、1枚に2ページ分印刷すると、紙やインクは半分、電気も半分近くで済みます。
やり方はプリンターのメーカーや機種によって少し違いますが、だいたい以下のような感じです。

【キャノン】
印刷 → 詳細設定 → ページ設定 → 割り付け印刷

【エプソン】
印刷 → 詳細設定、またはプロパティ → レイアウト → 割付/ポスター

印刷が必要なときで、字が小さくても構わないときにはぜひ試してみてください。
2008年05月16日

児童労働の改善に手軽に貢献したい方へ

児童労働の改善に手軽に貢献したい方におすすめのオンライン署名のお知らせです。

国際労働機関(ILO)によると、世界では約2億4600万人の子どもたちが児童労働をしています。
これは、世界中の子どもの6人に1人がしている計算です。
そのうち、危険で有害な労働をしている子どもは1億7100万人いると言われています。

国際労働機関(ILO) 児童労働の実態

まるで遠くの国の出来事のようですが、実は児童労働は、僕ら日本の消費者ともつながっています。
というのも、チョコレートの原料であるカカオや、コーヒー、綿、さまざまな食品や化粧品、せっけん、洗剤などの原料になるパーム油、さらにパソコンやケータイなどに使われる希少な鉱物などの中には、途上国の子どもたちによって作られているものがあるのです。

国際労働機関(ILO) 農業における児童労働
国際労働機関(ILO) 鉱業および採石業における児童労働の撤廃(PDFファイル)

このような現状の改善に手軽に貢献したい方におすすめのオンライン署名があります。
その名も「『働く子どもに教育を』1万人署名 」。
「地球社会の責任ある一員として、日本政府ももっと途上国の児童労働に取り組んで欲しい!」というあなたの声を政府に届ける署名です。
お名前、メールアドレス、都道府県を入力して送信するだけなので、1分でできます。
しかも、暗号化された上で送信されるので安心です。
目標は1万人、期限は6月30日までです。
趣旨に賛同できて、1分の時間がある方は、ぜひ署名してくださるとうれしいです。


2008年05月13日

ハンカチを持ち歩こう

最近、ハンカチを持ち歩かない人が増えているそうです。
僕が小学生の頃には、学校で毎週、ハンカチを持っているかのチェックがあった記憶がありますが、今はそんなのないのでしょうかね。

あるメーカーの調査では、「以前と比べて外出先でハンカチを使って手を拭く機会は変化しましたか?」という問いに対し、32.3%の人が「2〜3年前は多かったが今は少なくなった」と答えています。
逆に増えている人は9.6%なので、22.7%減っていることになります。
その人たちは手を洗わなくなったわけではなく、多くはペーパータオルやハンドドライヤーを使っています。
デパートやホテル、複合施設などのトイレには、大抵ペーパータオルやハンドドライヤーが設置されていますからね。
確かに、ハンカチを持ち歩かなくても、ペーパータオルが備え付けてあれば手軽に手を拭けるし、ハンドドライヤーも温風や強風で数秒で水分を拭い取れて便利かもしれません。

だけど、ハンカチ一枚あれば、使い捨てのペーパータオルや電気を使うハンドドライヤーは使わずに済みます。
みんながハンカチを使うと、どれくらい環境への負荷を減らせるのか計算してみました。

もしも、1日に200回使われるとした場合、ペーパータオルなら1回1枚とすると年間7万3000枚、ハンドドライヤーなら1回6秒とすると、同104.3kWh使います。
http://www.mitsubishielectric.co.jp/service/jettowel/

東京の丸ビルこと丸の内ビルディングには144箇所あるそうなので、ペーパータオルなら年間1051万2000枚、ハンドドライヤーなら同1万5017.8kWh使うことになります。
また、六本木ヒルズにはさらに多い256箇所あるそうなので、ペーパータオルなら年間1868万8000枚、ハンドドライヤーなら同2万6698.2kWh使うことになります。

これはどれくらいの負荷なのか?
高さ8m、直径14cmの木1本から生産できるペーパータオルの量は約2万枚らしいので、丸ビルでは年間518.4本分、六本木ヒルズでは同921.6本分の木を、トイレのペーパータオルだけで使うことになります。

また、東京電力の場合、1kWhの電気を使うと0.317kgのCO2を排出するとされているので、丸ビルでは391.2kgのCO2を、六本木ヒルズでは695.5kgのCO2を、トイレのハンドドライヤーだけで排出することになります。
391.2kgは、一般の家庭1世帯が排出するCO2の約26日分、695.5kgだと約46日分です。

大きいとは言え、一つの施設でも年間ではこんなになるということは、全国の施設ならこの何百、何千倍以上になるかもしれません。
ただハンカチを持ち歩くという、とても簡単なことでだけで、これらの負荷をかけないで済むなら、持ち歩いたほうがいいですよね。
もし持ち歩いていない方がいたら、この機会にお気に入りのハンカチを持ち歩いてみてはいかがでしょーか。 
2008年04月12日

みんなの声を企業に届けて実現を目指すプロジェクト(仮)の趣意

 消費者は、「商品・サービス」を選んだり、「企業」に意見を伝えることによって、それらのあり方を変えることができます。なぜなら、下記のような理由により、これまで企業が持っていた市場の主導権が、消費者に移ってきたからです。 (※1)

 ・生活に必要な商品はほとんどの家庭に普及し、売り上げが伸びなくなった。
 ・市場経済が浸透し、企業の競争が激しくなった。
 ・インターネットが普及し、消費者のコミュニケーション能力が高くなった。

 それにより、消費者が望む商品・サービスを提供できない企業や、消費者が望まない事業を展開する企業は生き残るのが難しくなり、多くの企業が消費者の声に耳を傾け始めました。特に、先進的な企業は積極的に消費者の声を集め、商品・サービスの開発・改善や、事業の改善に役立てています。(※2)
  つまり、多くの商品・サービスや事業のあり方は、消費者がどんな商品・サービスや事業を望んでいるかにかかっているということです。

 また、近年企業の社会的な責任(CSR)の重要性が急激に高まっています。それにより、企業には、消費者をはじめとした社会からの信頼を得るため、商品・サービスや事業が環境や社会に与えている影響をより良くすることが求められるようになりました。(※3)

 以上の事実は、消費者には、商品・サービスを選んだり企業に意見を伝えることによって、「社会をより良く変える力」があることを意味しています。

 ところが、日本の消費者は、その力をまだほとんど使っていません。どうしてでしょうか?
 その主な原因は二つあります。一つは、自分たちに「社会をより良く変える力」があることを認識していないということ。もう一つは、その力を使うのが面倒だと思っているということです。

 そこで、このプロジェクトではこの二つの原因を取り除き、多くの消費者に「社会をより良く変える力」を使ってもらおうと考えました。
 その方法として、消費者が日頃から抱いている企業への希望を引き出し、その内容をまとめて企業へ届けます。そして、消費者の希望を実現させることにより、自分たちの「社会をより良く変える力」を実感してもらい、多くの消費者がその力を使うための後押しをしてゆきます。


※1
21世紀に勝つビジネスモデル ポストモダン革命は既に始まっている nikkei Bpnet
http://www.nikkeibp.co.jp/style/biz/column/win/060929_1st/index2.html
パワーブロガーが示す消費者主権の新しい形 パワーブロガーが消費市場のニューリーダーになる nikkei BPnet
http://www.nikkeibp.co.jp/style/biz/topics/pblogger/070619_1st/index.html

※2
消費者とのつながり 花王
http://www.kao.co.jp/corp/csr/report2006/20.html
カルビーシリアル 『ブラウンシュガー』『トッピンチョコ』『チョコパフィ』『コーンフレーク』 ECOな“袋タイプ”で簡易包装化!  カルビー
http://www.calbee.co.jp/newsrelease/080312b.php
ロッテリア 大学生の声に密着、顧客視点の改善サイクルで業績回復 ITpro
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/JIREI/20080326/297090/?ST=NIS
苦情クレーム博覧会
http://www.kujou906.com/

※3
CSRとは 住信アセットマネジメント
http://www.sumishinam.co.jp/srifund/m_02.html
CSRとは エコロジーシンフォニー
http://www.ecology.or.jp/about_csr/0505.html
2008年03月22日

営業車をエコカーに切り替えて得をする!

最近、企業の環境への取り組みとして、営業車を環境に配慮した車に切り替える動きが目立ってきました。1月17日にはアステラス製薬がリースしている営業車2000台をプリウスに切り替えると発表、また同日に京セラも社有車179台を順次ハイブリッドカーに切り替えると発表しました。さらに2月13日にはヤクルトが営業車約160台をプリウスに切り替えると発表しています。

このような営業車のエコカーへの切り替えは、営業車の走行距離が多いほど、燃料費やCO2の削減効果が高くなります。しかも、普通の車とエコカーの購入価格の差が少なければ少ないほど、短い期間で元が取ることができます。

では、実際どれくらいの燃料費やCO2を削減できるのでしょうか?自作のエクセルファイルで計算してみました。

それによると、カローラフィールダーからプリウスに切り替えた場合、ガソリン代を145円/L、年間走行距離をヤクルトと同じ1万9500km、実際の燃費をカタログ値の60%とすると、1台あたり年間14万7759円の燃料費と、2.34tのCO2を削減できることになります。もし、160台を切り替えれば、年間約2364万円と、約374tの削減です。

374tのCO2というのは、日本の一般家庭68世帯が1年間で排出する量、また、杉の木2万6714本が1年間で吸収する量と同じなので相当な量です。

しかも、カローラフィールダーとプリウスの価格の差を20万円とすると、なんと1年5ヶ月で元が取れてしまいます。そして、2年で1台あたり9万5519円、160台では1528万3040円、3年では1台あたり24万3278円、160台では3892万4480円ものコストが浮くことになります。

こんなに費用対効果が高い取り組みは滅多にありません。もし近く営業車を買い換える予定がある会社があったら、ぜひぜひ環境に配慮した車を選んでほしいですね。

カローラフィールダーからプリウスに切り替えた場合の計算結果について、もう少し詳しく見たい方は下記のPDFファイルをどうぞ。
プリウスに切り替えた場合のコストとCO2の削減量.pdf
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。