2008年09月17日

映画「女工哀歌(エレジー)」

女工哀歌(エレジー)

中国のジーンズ工場やそこで働く少女たちに密着したドキュメンタリー映画「女工哀歌(エレジー)」を見ました。
内容を一言で書くと、「中国製の商品が安い理由」をありのままに映し出したような映画です。
そんなふうに書くと、硬くて重苦しい内容を思い浮かべる方もいると思いますが、内容は工場の問題よりもむしろ少女たちの日常にフォーカスしていて、「私たちが毎日つくるジーンズ、誰がはいているんだろう?」というコピーにそれが言い表されている気がします。
普段はいているジーンズについて、「誰がどのように作っているのか」といったことを知らされてこなかった僕ら消費者にとっては、それの一端を知ることができるとてもいい機会だと思います。
CSRに興味がある方にはもちろん、安い商品が好きなすべての消費者にぜひ見てもらいたい映画です。
詳しくは以下をご覧ください。

***

公開日:9月27日(土)
劇場:シアター・イメージフォーラム他
監督・撮影・製作:ミカ・X・ペレド
配給宣伝:エスパースサロウ
内容:
私たちにとって「ジーンズ」はもっとも身近な服。本作はその生産過程を追って、世界の衣料品の大半を生産している中国の工場に密着したドキュメンタリー。
圧倒的なコスト削減と技術力の向上により、今や“世界の工場”となった中国。その裏側を探るため工場で働く10代の少女たちの日常生活に迫ります。

度々問題視されてきた少女たちの過酷な労働条件、またそれを知りつつ低コストで仕事を受注する工場長、視察に訪れる多国籍企業の面々…。国や時代は変わっても同じ構造をたどって発展する資本主義経済。
しかし、本作は急速なグローバル化への疑問と同時に、過酷な生活の中にも夢や希望を見出す個性ある少女たちをも見事に捉えています。

また『セサミ・ストリート』をはじめ、優れたドキュメンタリーを放送することで知られる米国のPBS(非営利公共放送局)でも07年度の観客賞を受賞しています。

***

女工哀歌(エレジー)公式サイト
予告編

なお、公開翌日の28日(日)にトークショーが開催されるそうです。
パネリストとしてお話されるサステナビリティ・プランナーのあだなお。さんのブログに詳細が載っているので興味のある方はぜひご覧ください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。