2006年02月12日

涙を流してストレス解消

人は、極端な感情の変化で身体に急激な負担がかかると、血液中に「ACTH」だとか「コルチゾール」なんていうストレス物質が増加するそうです。
だから、血液中のストレス物質を、涙を流すことによって体外に排出しているんだとか。
つまり、涙はこらえないほうがいいということ。
泣けるときにはおもいっきり泣いて、自分の中のストレス物質をできる限り排出しちゃったほうがよさそうです。

OCNスペシャル なるほどエンタテインメント
http://www.ocn.ne.jp/special/tokushu/040419/index.html
この記事へのコメント
泣き終わった後妙にケロッとするのはこういう理由だったんですね。。。
ケロッとしすぎて何で泣いてたのか分からんくなることもあるしw
人間の体ってすごいなぁ
Posted by たらやま at 2006年02月13日 10:43
本当に、人間の身体って、生命って、すごいな〜って思います。
俺もいっぱい泣いて、ケロッとしすぎてみたいな。
Posted by みやちん at 2006年02月13日 23:22
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。