2005年03月28日

消費者の権利

昔のようにものが売れなくなった今では、消費者に選ばれるものを提供できなければ、企業が生き残るのは難しい。。それは、企業から消費者へ、主権が移ったことを意味しています。
僕たちは、ものを選ぶことを通して、主体的に社会づくりに参加することができるということ。。

だけど、それをより確かなものにするためには、まだやらなきゃいけないことがあります。それは、次の4つの消費者の権利を確かなものにすること。

1.安全である権利
2.知らされる権利
3.選択する権利
4.意見を反映させる権利

このブログは、安全である権利や、選択する権利を、確かなものにするための取り組みでもあるのかもしれないな。。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL


下流喰い
Excerpt: サラ金などで雪だるま式に借金を重ね、挙げ句の果てに自己破産。なんて自己中心的な人々だろう。正直そう思ってたんですよ。確かにそんな人もいるみたいですが、大部分はそうぢゃないんですね。ワーキング・プアの辛..
Weblog: 社会のレス
Tracked: 2007-08-25 03:12
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。