2007年11月02日

人間が持ち運べる自動車

人間が持ち運べるほど小さくて軽いマイクロカーの記事を見つけました。
製造は1962年なので45年も前です。
現在の技術でつくったらもっと軽くて、でも安全で、しかも低燃費で、かつ快適につくれるだろうなぁ。
下記のWIRED VISIONでは走っている動画が見れるのですが、乗ったまま建物の中に入ってエレベーターに乗ったり、会議室に入ったりしていました。。
まあ、確かに駐車場に置いておいたら持っていかれちゃいそうですけど、そこまでするかってことをしていて面白いので興味があればぜひ見てみてください。

[Wikipediaによると、『Peel P50』は英連邦マン島のPeel Engineering社が1962年に製造したマイクロカーで、大量製造された中では最小の自動車とされる。長さは134センチ、幅は99センチ。重さは59キログラム。排気量は49cc。最高速度は61キロ。リバースギアは付いておらず、後退したいときはタイヤを軸にして持ち上げて手で回す。英国では公道を走ることができる。]
http://wiredvision.jp/news/200711/2007110121.html
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/64106316
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。